理化学研究所 オンラインシンポジウム

プログラム
プログラムへ移動する
理化学研究所オンラインシンポジウム
日時
日時
2021年326日(金)
13:30~17:00
場所
場所
オンライン
Zoomウェビナー(要登録)
登録〆切:3月25日(木)12:00
ガーディアンロボットプロジェクト
-人がこころを感じるロボットの
実現を目指して-
理化学研究所では、人工知能が自律的になり人間と共存する未来社会に向け、人間の認知機能を中心とするこころのメカニズムを計算論的に解明し、ロボット実装を通じて構成論的に実証していく事をミッションとするプロジェクトを立上げ、けいはんなを拠点に活動を開始しています。
4月からは新たに設置される情報統合本部の下、ガーディアンロボットプロジェクトとして推進していきます。
今回のシンポジウムでは、プロジェクトメンバーからプロジェクトの概要や各研究チームの取組みを紹介すると共に、連携を進める理研内外の組織から連携の展望やプロジェクトへの期待などについてお話いただきます。また、パネルディスカッションでは、人がこころを感じるロボットの実現や人とロボットが共存する未来社会に向けた課題などについて、科学技術から人文社会まで含めた幅広い観点からの議論を行います。
日時
3月26日(金) 13:30~17:00
参加
無料
場所
オンライン(ZOOM)
主催
理化学研究所 ロボティクスプロジェクト
理化学研究所
ロボティクスプロジェクト
お問い合わせ
robotics-info[at]ml.riken.jp

参加申込
プログラム
13:30~13:35
開会挨拶(松本 紘 理化学研究所 理事長)
13:35~13:45
来賓挨拶(山下 晃正 京都府副知事/渡邉 淳 文部科学省 基礎研究振興課長)
13:45~13:55
プロジェクトの概要紹介
ガーディアンロボットプロジェクトが目指すブレイクスルー
美濃導彦
美濃 導彦 理化学研究所 理事

京都大学大学院博士課程修了。その後、京都大学にて学術情報メディアセンター センター長、総長室副室長、副理事、情報環境機構長などを歴任。2018年4月より現職。2021年4月より、理化学研究所 情報統合本部 本部長およびガーディアンロボットプロジェクト プロジェクトリーダーに着任予定。
専門は画像処理,人工知能,知的コミュニケーション。電子情報通信学会,日本バーチャルリアリティ学会フェロー。

13:55~14:30
各チームの取組紹介
港 隆史
港 隆史
インタラクティブロボット研究チーム
チームリーダー
川西 康友
川西 康友
感覚データ認識研究チーム
チームリーダー
吉野 幸一郎
吉野 幸一郎
知識獲得・対話研究チーム
チームリーダー
佐藤 弥
佐藤 弥
心理プロセス研究チーム
チームリーダー
中村 泰
中村 泰
動作学習研究チーム
チームリーダー
森本 淳
森本 淳
人間機械協調研究チーム
チームリーダー
石井カルロス寿憲
石井カルロス寿憲
インタラクティブロボット研究チーム
上級研究員

14:30〜14:35
休憩
14:35~15:35
ガーディアンロボットプロジェクトとの連携の展望
河原 達也

人の心がわかるロボットに向けて
河原 達也 京都大学大学院 情報学研究科 教授・研究科長
知能情報学,特に音声認識及び対話システムに関する研究に従事.
主著に,「音声認識システム」「音声対話システム」(いずれもオーム社).
IEEE Fellow.ISCA理事.APSIPA次期会長.
情報処理学会,日本音響学会,電子情報通信学会,人工知能学会,言語処理学会 各会員.日本学術会議連携会員.

楠見 孝

個人記憶を構築し意図を共有-創出するロボット開発への心理学的アプローチ
~人の行動・認知・心身健康の支援~

楠見 孝 京都大学大学院 教育学研究科 教授・研究科長・教育学部長
1987年学習院大学大学院人文科学研究科博士課程退学、博士(心理学)。学習院大学助手、筑波大学講師、東京工業大学助教授、京都大学助教授、教授を経て現職。専門は思考、言語、記憶、学習、意思決定などの認知心理学的研究。

石黒 浩

遠隔操作ロボットと自律ロボットの研究
石黒 浩 大阪大学基礎工学研究科 教授
      ATR石黒浩特別研究所 客員所長
      ムーンショット目標1 研究開発プロジェクト プロジェクトマネージャー
知能ロボット学者。1991年大阪大学大学院基礎工学研究科博士課程修了。その後、京都大学、カリフォルニア大学、大阪大学工学研究科などを経て2009年より現職。2010年よりATRフェロー。専門はロボット工学、視覚情報処理、アンドロイドサイエンス。

上田 修功

AIとロボティックスの共進化を目指して
上田 修功 理化学研究所 革新知能統合研究センター 副センター長
1984年大阪大学大学院修士課程修了。同年 日本電信電話公社(現NTT)横須賀電気通信研究所入所。1993-1994年米国Purdue大学客員研究員。 2016年より現職。京都大学大学院情報学研究科連携教授。専門は、コンピュータビ ジョン、パターン認識、統計的機械学習、データマイニング。現在、主に、AI技術の自然科学・社会科学への応用に関する研究に従事。

15:35~15:45
休憩
15:45~16:55
パネルディスカッション
【登壇者】
講演者(美濃 導彦、河原 達也、楠見 孝、石黒 浩、上田 修功)
川人 光男
川人 光男
株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)脳情報研究所 所長
1981年阪大大学院博士課程修了、同年助手。1987年同講師。1988年(株)ATRに移る。2003年よりATR脳情報研究所所長、2004年ATRフェロー、2010年より現職。理化学研究所革新知能統合研究センター特別顧問。計算論的神経科学の研究に従事。平成25年紫綬褒章受章。日本学術会議会員。
出口 康夫
出口 康夫
京都大学大学院 哲学専修教授・京都大学副プロボスト
京都大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、同大学院哲学専修教授・京都大学副プロボスト。カント哲学、科学哲学に加え、新領域である分析アジア哲学を研究。京都大学人社未来形発信ユニット長としてオンライン講義シリーズ「立ち止まって、考える」を主導するとともに、NTTや日立製作所との産学連携も行なっている。
桜田 一洋
桜田 一洋
理化学研究所 医科学イノベーションハブ推進プログラム 副プログラムディレクター
1993年に大阪大学から理学博士を授与。バイエル薬品、iZumi Bio社などを経て、2008年よりソニーコンピュータサイエンス研究所。シニアリサーチャー(上席研究員)として情報科学と生命科学の融合領域を開拓。2016年より現職。2021年4月より、理化学研究所 情報統合本部 先端データサイエンスプロジェクト プロジェクトリーダー着任予定。
16:55~17:00
閉会挨拶(小寺 秀俊 理化学研究所 理事)
ブラウザに関するご注意
本ページは、以下のウェブブラウザでご利用いただくことを推奨しております。
推奨ウェブブラウザ以外でのご利用や、推奨ウェブブラウザでもお客様の設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。